• らん展レポートnew
  • 2月の過去記事
  • ウリクサ

    アゼナ科(アゼトウガラシ科) アゼナ属(アゼトウガラシ属)

    Lindernia crustacea

    〔基本情報〕畑や田の畔などで普通にみられる一年草。
    茎は枝分かれしながら地を這って広がり、長さ10~20cmになります。
    茎は無毛で、断面は四角形です。
    葉は対生する単葉で、長さ0.7~2cm、幅0.6~1.3cmの卵形、縁には鋸歯があります。
    葉柄は長さ0.2~0.7cmです。
    花は茎の上部の葉腋に単生し、長さ0.7cmで淡い紫色、筒状で先が唇形となります。
    上唇は浅く2裂し、下唇は3裂して中央の裂片に青紫色の斑紋があります。
    花色は花弁の縁がやや濃くなります。
    萼は浅く5裂し、縦に5本の稜があります。
    果実は長さ0.4~0.5cmの楕円形の蒴果で、ほぼ同じ長さの萼に包まれます。

    〔備考〕果実の形をマクワウリにたとえた名です。
    名前 ウリクサ (瓜草)
    花咲く季節 ? 8月、9月、10月
    分布または原産地 ? 日本(本州:宮城県以南~琉球)、東アジア~アフリカ、ニューギニア、ミクロネシア、ポリネシア、オーストラリア
    生活型 ? 一年草
    生活様式 ? 地生
    形状 ? 匍匐
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 対生
    縁の形 ? 鋸歯
    花のつき方 ? 単生
    花の色 ? 青、紫
    葉の色 ?
    検索サイトの検索キー ? ウリクサ