3/15をもってサービスを停止いたします パパイヤnew

コテングクワガタ

オオバコ科 クワガタソウ属

Veronica serpyllifolia subsp. serpyllifolia

〔基本情報〕
湿り気のある道端などでみられる高さ10~20cmほどの多年草。
茎は長く地を這い、先が立ち上がって、上向きの伏した短毛がはえます。
葉は対生する単葉で、長さ4~15mm、幅3~12mmの楕円形で3本の脈がめだちます。
葉の縁には少数の不明瞭な鋸歯があります。
葉柄はないか、ごく短いです。
葉は茎の上部では次第に苞に移行します。
茎の上部の葉腋から総状花序を出し、多くの花をつけます。
花冠は4裂し、径3~5mmでごく淡い青紫色に青色の筋がはいります。
花序軸や花序柄、花柄には上向きの伏した短毛がはえ、長い軟毛ははえません。
果実は平たい倒心形の蒴果です。
テングクワガタとは花柄などの長い軟毛の有無で区別できます。

〔来歴〕
1947年に群馬県で確認され、北海道~本州に帰化しています。
名前 コテングクワガタ (小天狗鍬形)
thyme-leaved speedwell、thymeleaf speedwell
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月
分布または原産地 ? ヨーロッパ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? テングクワガタ
形状 ? 匍匐
草丈・樹高 ? 100〜200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ? 青、紫、白
花径 ? 3〜5mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? コテングクワガタ

「コテングクワガタ」への投稿写真