山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ヘラオオバコ

オオバコ科 オオバコ属

Plantago lanceolata

〔基本情報〕
道ばたや空き地などでみられる高さ20~70cmの多年草。
太く垂直にのびる根をもちます。
葉はすべて根出し、長さ10~20cm、幅1.5~3cmのへら形で、縁には波状の歯牙があります。
葉には平行な葉脈がめだちます。
長い花茎の先に長さ3~5cmで円錐形~円柱形になる穂状花序を出し、小さな花を密につけ、花穂の下から咲いていきます。
4個の雄しべが花から長く突き出してめだちます。
果実は蒴果です。

〔来歴〕
江戸時代末期に渡来したとされます。
外来生物法で要注意外来生物に指定されています。

〔利用〕
種子を薬用とします。
名前 ヘラオオバコ 、オオヘラオオバコ 、エダウチヘラオオバコ
ribwort plantain、narrowleaf plantain
分布または原産地 ? ユーラシア
指定植物 ? 要注意外来生物
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 200〜700mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 歯牙
花のつき方 ? 穂状花序
葉の色 ?
有用 ? 薬用
検索サイトの検索キー ? ヘラオオバコ