おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

オオマツバウンラン

オオバコ科 マツバウンラン属

Nuttallanthus texanus

〔基本情報〕
道端や空き地の日当たりのよい場所で見られる高さ10~60cmほどの一年草または二年草。
茎は直立して、細く、基部で枝分かれします。
葉は互生する単葉で、長さ5~25mmの線形です。
茎先に総状花序を出し、下から順に花を咲かせます。
花は径1cmほどで淡い紫色に紫色の脈がはいる唇形花です。
上唇は浅く2裂し、下唇は3裂します。
筒状で先がとがった距があります。
マツバウンランに似ますが、花がより大きく、下唇の中央が白くならず、花全体に紫色の脈がはいる点で区別できます。
名前 オオマツバウンラン
Texas toadflax
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 北アメリカ西部
生活型 ? 一年草、二年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? マツバウンラン
草丈・樹高 ? 100〜600mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? オオマツバウンラン

「オオマツバウンラン」への投稿写真