筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

レンギョウ

モクセイ科 レンギョウ属

Forsythia suspensa

〔基本情報〕
高さ3mになる落葉低木。
枝は淡い黄褐色でまるい皮目があり、節を除いて中空です。
若い枝はアーチ状に伸び、地につくと発根します。
葉は対生する単葉で、長さ2~10cm、幅1.5~5cmの広卵形~楕円状卵形で、縁に鋸歯があります。
若い枝の葉では3出状に裂ける場合もあります。
葉は秋に紫色を帯びます。
雌雄異株です。
花は葉が出る前に咲き、腋芽に単生します。
花は径2.5cmの黄金色で、花冠は4深裂し、裂片は幅7~10㎜の楕円形です。
花柄は1~1.5cmです。
果実は長さ1.2~2.5cm、幅0.6~1.2cmで長楕円形~卵形の蒴果で、表面に粒状の皮目があります。
種子は長さ7㎜、幅2㎜ほどで、縁に狭い翼があります。

〔利用〕
果実は薬用とします。

〔栽培〕
増殖は挿木、取木、株分けによります。
日当たりと水はけ、通気性がよく、肥沃で適湿な土壌を好みます。
強い西日を嫌います。
乾燥した場所では生育が悪く、ハダニがつきやすくなります。
日当たりが悪いと花つきが悪くなります。
水やりは鉢植えでは土の表面が乾いたらたっぷりと与えますが、夏は水切れをおこさないよう朝と夕方の2回潅水します。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機肥料を、花後にお礼肥として緩効性化成肥料を施します。
剪定を行う場合、6月に翌年の花芽ができ始めるのでこの時期以降は強剪定は避けます。
病虫害としてはうどんこ病、ハダニ、カイガラムシなどがあります。
名前 レンギョウ (連翹) 、レンギョウウツギ (連翹空木) 、イタチハゼ
golden bell、golden bell flower、weeping forsythia
花咲く季節 ? 3月、4月
実のなる季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? 中国
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 12月、1月、2月、3月
形状 ? 分枝、枝垂れ
草丈・樹高 ? 3000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花の色 ?
花径 ? 25mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、生垣、花壇、切花、公園・庭園、ベランダ
病害 ? うどんこ病
虫害 ? ハダニ、カイガラムシ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 56382
検索サイトの検索キー ? レンギョウ