筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ヒトツバタゴ

モクセイ科 ヒトツバタゴ属

Chionanthus retusus

〔基本情報〕分布域が限られ、日当たりのよい湿潤な場所でみられる高さ30m、径70cmにも達する落葉高木。
葉は対生する単葉で、長さ4~10cmの長楕円形~広卵形で全縁です。
若い木や徒長枝では重鋸歯や細かい鋸歯が出ることがあります。
葉柄は長さ1.5~3cmです。
雌雄異株です。
今年伸びた枝の先に、長さ7~12cmで円錐状の集散花序を出します。
花は白色で、花冠は4つに深く裂けます。
雌木には長さ1cmで楕円形の果実がつき、黒紫色に熟します。

〔栽培〕増殖は実生によります。
種子は乾燥すると発芽率が落ちるので、取播きにします。
大きくなりスペースをとるので、広い場所が必要です。
冷涼で適潤の土地を好み、日当たりがよく湿り気のある肥沃な土壌を好みます。
乾燥と夏の強い西日を嫌います。
水やりは水切れしない程度に与えます。
施肥は冬期に有機質の肥料を株元に与えます。
剪定は特に必要ありませんが、気になるようなら邪魔な枝を間引く程度にします。
病虫害は特にありません。
名前 ヒトツバタゴ 、ナンジャモンジャ 、ナンジャモンジャノキ
花咲く季節 ? 5月
実のなる季節 ? 10月
分布または原産地 ? 日本(岐阜県 、愛知県、対馬)、朝鮮南部、台湾、中国中部・南部
指定植物 ? VU:絶減危惧II類
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 11月、12月、1月、2月、3月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 30000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯、重鋸歯
花のつき方 ? 集散花序
花の色 ?
花序の長さ ? 70〜120mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園
日本花き取引コード ? 54265
検索サイトの検索キー ? ヒトツバタゴ