筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

オオイヌホオズキ

ナス科 ナス属

Solanum nigrescens

〔基本情報〕一年草または短命な多年草。
茎は直立してよく枝分かれし、越冬した大株では基部が倒れて地面に広がります。
葉は互生する単葉で、長さ5~15cm、幅3~8.5cmの広卵形で全縁、または波状の鋸歯と数個の歯牙があります。
花は散形花序に5~8個つきます。
花冠は径8~12mmでときに紫色を帯びる白色、5裂します。
果実は径7~10㎜の球形で、黒色に熟し、やや光沢があります。
名前 オオイヌホオズキ (大犬酸漿) 、ムラサキイヌホオズキ (紫犬酸漿)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月、11月、12月
分布または原産地 ? 南アメリカ
生活型 ? 一年草、多年草
生活様式 ? 地生
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁、波状、鋸歯、歯牙
花のつき方 ? 散形花序
花の色 ? 紫、白
花径 ? 8〜12mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? オオイヌホオズキ

「オオイヌホオズキ」への投稿写真