いいねしよう10月の過去記事

ヒヨドリジョウゴ

ナス科 ナス属

Solanum lyratum var. lyratum

〔基本情報〕人家の近くや明るい林などでみられるつる性多年草。
長い根茎をもちます。
茎は3~5mほど伸び、腺毛が密にはえます。

葉は互生し、長さ3~10cm、幅2~6cmの卵形で、茎の下部の葉では3~5裂します。
葉の両面と葉柄には密に毛がはえます。
葉柄は1.5~4cmで、これによって他のものに絡みつきます。
花は集散花序につきます。
花冠は径1cmで白色、5裂し、花冠裂片は強く反り返ります。
果実は径8㎜の球形で、赤色に熟します。
名前 ヒヨドリジョウゴ (鵯上戸) 、ホロシ 、シロバナヒヨドリジョウゴ 、ヒロハノヒヨドリジョウゴ
花咲く季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、中国、インドシナ
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 集散花序
花の色 ?
花径 ? 10mm
実の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 64212
検索サイトの検索キー ? ヒヨドリジョウゴ