筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

クコ

ナス科 クコ属

Lycium chinense

〔基本情報〕
人家周辺の道端や荒れ地、海岸の砂地、林縁の薮などでみられる高さ1~1.5mの落葉または半常緑低木。
茎は基部で枝分かれして、低い稜があり、しばしば葉腋から刺状の短枝が出ます。
葉は互生するか短枝では束生する単葉で、長さ1.5~6cm、幅0.5~2.5cmの楕円形となり、全縁です。
葉柄は0.2~1.5cmです。
花は短枝の先に1~3個束生し、淡い紫色で、花冠は長さ1cmほどで先が5裂する漏斗形です。
雄しべの葯が黄色でめだちます。
果実は長さ1.5cmで楕円形の液果で赤く熟します。

〔利用〕
果実は枸杞子、葉は枸杞葉、根皮は地骨皮とよばれ生薬にされます。
果実は果実酒にしたり薬膳などで利用されます。
葉は乾燥してクコ茶とするほか、若葉は食用となります。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
日当たりと水はけのよい場所であれば、特に土質を選ばずよく育ちます。
乾燥にも比較的強いです。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は特に必要ありませんが、果実を収穫したい場合は寒肥として有機肥料を施します。
病虫害としてはうどんこ病、トホシクビボソハムシ、ハダニ、アブラムシなどがあります。
名前 クコ (枸杞) 、ウルフベリー 、ゴジベリー
Chinese boxthorn、Chinese matrimony-vine、Chinese teaplant、Chinese wolfberry、wolfberry、Chinese desert-thorn
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月、11月
実のなる季節 ? 9月、10月、11月、12月
分布または原産地 ? 日本(北海道南部~琉球)、朝鮮、中国、台湾、ネパール、パキスタン
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 半常緑、落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月、9月、10月、11月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 1000〜1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、束生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 束生
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園
病害 ? うどんこ病
虫害 ? トホシクビボソハムシ、ハダニ、アブラムシ
食用 ? 実、葉
有用 ? 薬用、食用
日本花き取引コード ? 22724
検索サイトの検索キー ? クコ