ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ルコウソウ

ヒルガオ科 サツマイモ属

Ipomoea quamoclit

〔基本情報〕畑や道端、空き地などでみられるつる性一年草。
原産地では多年草ですが、耐寒性がないため、日本では一年草となります。
つるは長さ3mほどに伸び、左巻きで、よく枝分かれして、無毛です。
葉は互生し、長楕円形で、羽状に深く裂け、裂片は糸状です。
葉腋から出る花序に1~2個の花をつけます。
花は深紅または白色、径3cmで星形をしています。
果実は蒴果です。

〔来歴〕江戸時代に観賞用として渡来しました。
名前 ルコウソウ (縷紅草)
cypress vine、cypressvine morning glory、cardinal creeper、cardinal vine、star glory、hummingbird vine
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 熱帯アメリカ
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
花の色 ? 赤、白
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 20929
検索サイトの検索キー ? ルコウソウ
エバーグリーンポストでの記事 [マルバルコウ]花を見てその名を思い出した、マルバルコウ|ヒルガオ科サツマイモ属|エバーグリーン