筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

マルバアサガオ

ヒルガオ科 サツマイモ属

Ipomoea purpurea

〔基本情報〕
つる性の一年草。
つるは左巻きで、よく枝分かれしながら2~3mほどに伸びて、他のものに絡みつきます。
つるには下向きの毛が多くはえます。
葉は互生する単葉で、長さ3~10cmのハート形で、先が急に尖ります。
葉の表面は葉脈に沿って縮緬状に凹み、葉の縁は全縁です。
花は葉腋に5~8個ずつつき、径5~8cmの漏斗形です。
花色はおもに紅紫色ですが白色や濃い紫色などもあります。
果実は扁球形で下を向きます。

〔来歴〕
1705年頃に観賞用に渡来し、暖地を中心に帰化しています。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
日当たりと水はけがよく有機質に富んだ土壌を好みます。
種子は気温が低いと発芽しないため、20度以上に上がる5~6月に播きます。
種子は皮がかたいため、表面にカッターなどで少し傷をつけ、一昼夜水につけると双葉が開きやすくなります。
このとき、あまり深い傷をつけないように、また、ヘソとよばれる白い部分は傷つけないように注意します。
発芽までは乾かないよう水を与えます。
発芽後、本葉が3~4枚出たら定植します。
土の表面が乾いたら水を与えますが、真夏は気温が上がらない朝夕に行ないます。
肥料は元肥のほかに、定植後に薄めた液体肥料を週に1回ほど与えます。
病虫害としてはアブラムシがあります。
名前 マルバアサガオ (丸葉朝顔)
common morning-glory、tall morning-glory、purple morning glory
花咲く季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? メキシコ~中央アメリカ
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花の色 ? 紫、白
花径 ? 50〜80mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐強光性
用途適性 ? 壁面緑化
虫害 ? アブラムシ
検索サイトの検索キー ? マルバアサガオ