筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

マルバルコウ

ヒルガオ科 サツマイモ属

Ipomoea coccinea

〔基本情報〕畑や道端、空き地などでみられるつる性一年草。
つるは長さ3mほどに伸び、左巻きで、無毛です。
葉は互生する単葉で、長さ3~7cm、幅1.5~5cmの広卵形~卵円形です。
葉の基部は角状に張り出しますが、変異が多いです。
葉の縁は全縁または2~3個の浅い歯牙が出ます。
葉腋から出る花序に2~5個の花をつけます。
花は朱赤色で、径1.5~2cmで5角形をしています。
果実は径5~8mmほどの球形の蒴果です。

〔来歴〕江戸時代の嘉永年間(1848~1854頃)に観賞用として渡来し、『草木図説』にも描かれています。
名前 マルバルコウ (丸葉縷紅) 、マルバルコウソウ (丸葉縷紅草) 、ルコウアサガオ (縷紅朝顔) 、ツタノハルコウ (蔦葉縷紅)
red morning glory、redstar、Mexican morning glory
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月、11月
分布または原産地 ? 北アメリカ
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁、歯牙
花の色 ? 赤、橙
花径 ? 15〜20mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 71452
検索サイトの検索キー ? マルバルコウ
エバーグリーンポストでの記事 [マルバルコウ]花を見てその名を思い出した、マルバルコウ|ヒルガオ科サツマイモ属|エバーグリーン