図解ガイドnew花の色が変化しますnew6月の過去記事いいねしよう

ヨウサイ

ヒルガオ科 サツマイモ属

Ipomoea aquatica

〔基本情報〕
東南アジア原産と考えられているつる性の多年草。
寒さに弱いため、日本では一年草として扱われます。
水湿地を好み、湿り気の多い土壌でも育ちます。
茎は中空で地を這って長さ2~3mかそれ以上にのびて節から根を出し、水面にも浮かんで水上をはうように広がります。
葉は互生し、長さ3.5~17cm、幅1~8.5cmの矢じり形から楕円状卵形、長三角形、披針形まで変異があり、葉先はとがります。
葉の縁は全縁または波状となります。
花は葉腋に1~5個ずつつき、径3.5~5cmの漏斗形でアサガオに似た形をし、白色、ピンク色、または淡い紫色で、ふつう中央が濃い赤紫色になります。
果実は径1cmほどの卵形~球形の蒴果です。
日本では露地栽培での開花はまれで、開花してもほぼ結実しません。

〔利用〕
茎葉を野菜として利用するほか、薬用にもされます。
水質浄化を期待して湖沼などで栽培されることもあります。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
挿し穂は水に挿しておくだけでも容易に発根します。
高温多湿を好み、発芽適温は22℃以上、生育適温は25~30℃、10℃を下回ると生育が止まり、霜にあうと枯れます。
日当たりと風通しがよい場所で、水はけと水もちのよい肥沃な土壌を好みます。
水辺の植物なので、水やりは水切れしないように、土の表面が乾きはじめたらたっぷりと与えます。
収穫は茎の上部のやわらかい部分を切り取り、その後、追肥をすることでわき芽が次々と出て、秋まで収穫できます。
病虫害としてはアザミウマ、イモコガ、ヨトウムシ、アブラムシ、ハダニなどがあります。
名前 ヨウサイ (蕹菜) 、エンサイ (蓊菜) 、クウシンサイ (空心菜) 、アサガオナ (朝顔菜)
water spinach、river spinach、water morning glory、water convolvulus、Chinese spinach、Chinese watercress、Chinese convolvulus、swamp cabbage
分布または原産地 ? 東南アジア
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月、8月
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁、波状
花の色 ? 紫、桃、白
花径 ? 35〜50mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、コンテナ、ベランダ
虫害 ? アザミウマ、イモコガ、ヨトウムシ、アブラムシ、ハダニ
食用 ? 葉、茎
有用 ? 薬用、食用
日本花き取引コード ? 71127
検索サイトの検索キー ? ヨウサイ

「ヨウサイ」への投稿写真