筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

アメリカネナシカズラ

ヒルガオ科 ネナシカズラ属

Cuscuta campestris

〔基本情報〕道端や荒れ地、畑などのやや乾いた土地で多くみられるつる性の一年草。
他の植物の上に覆いかぶさるように群生します。
宿主を選ばない寄生植物で、さまざまな農作物や園芸植物、砂丘などに生育する在来種に寄生します。
茎は長さ50cmほどで左巻き、枝分かれして、他の植物に巻きつき、ところどころで吸盤(寄生根)を出します。
葉緑素をもたず、全体が淡い黄色です。
葉は退化していて、茎には節に黄褐色の鱗片がつきます。
花は径3mmほどで白色、鱗片の腋に出る短い集散花序につきます。
花冠は5裂し、内側に、縁が細かく裂けた鱗片が5個あります。
雄しべは5本あり、花冠の外に伸びます。
果実は2~3mmで球形の蒴果です。

〔来歴〕世界的に帰化しています。
日本では1970年頃に東京都府中市の多摩川で初めて確認されたあと、ほぼ全国でみられています。

〔備考〕外来生物法で要注意外来生物に指定されました。
名前 アメリカネナシカズラ 、オオバナアメリカネナシカズラ
field dodder、golden dodder、large-seeded alfalfa dodder、yellow dodder、prairie dodder
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 北アメリカ
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 寄生
良く似た植物 ? ネナシカズラ、ハマネナシカズラ、マメダオシ
形状 ? つる
葉の形 ? 特殊
花のつき方 ? 集散花序
花の色 ?
花径 ? 3mm
検索サイトの検索キー ? アメリカネナシカズラ