日光のスギいいね!しよう

コヒルガオ

ヒルガオ科 ヒルガオ属

Calystegia hederacea

〔基本情報〕
畑や草地でみられるつる性多年草。
つるは基部で枝分かれして、他のものに巻きつきます。
葉は互生し、長さ2~6cmの三角状ほこ形で、基部に側裂片が発達して張り出します。
側裂片はふつう2裂します。
葉柄は長さ1.5~4cmです。
花は葉腋に単生し、長さ2~7cmの花柄をもち、花柄には上部に縮れた狭い翼が出ます。
花冠は淡い紅色の五角形状漏斗形です。
苞は長さ1cmほどの三角状卵形です。

〔利用〕
根茎や全草を薬用とします。
名前 コヒルガオ (小昼顔)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)、朝鮮、台湾、中国、東南アジア~南アジア
ハーディネスゾーン ? 5a;5b
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花の色 ?
葉の色 ?
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 68763
検索サイトの検索キー ? コヒルガオ