ケンポナシnewいいねしよう1月の過去記事

文一総合出版

エゾムラサキ

ムラサキ科 ワスレナグサ属

Myosotis sylvatica

〔基本情報〕
山地の林内にはえる高さ20~40cmの多年草。
全体に粗い毛がまばらにはえます。
茎は基部から直立し、枝分かれします。
葉には根出葉と茎葉があり、根出葉はさじ形で果実期に多数出ます。
茎につく葉は互生し、長さ2~6cm、幅0.7~1.2cmの倒披針形で、葉の縁は全縁となり、茎の上部の葉の基部はやや茎を抱きます。
花はさそり型花序につき、花序は基部以外に苞はありません。
花冠は径6~8mmほど、はじめから淡い青紫色で5裂し、中心が黄色です。
萼は基部がやや球形となり、裂片は果実期にやや開出して熟した果実を露出させます。
萼にはまっすぐな開出毛や先が曲がった鉤状の毛がはえます。
花序は開花後にはのびて、長さ10~25cmにもなります。
果実は分果で暗褐色に熟し、滑らかで光沢があります。
名前 エゾムラサキ (蝦夷紫) 、ミヤマワスレナソウ (深山勿忘草、深山忘れな草) 、ミヤマワスレナグサ (深山勿忘草、深山忘れな草)
wood forget-me-not、woodland forget-me-not
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州関東地方北部・中部)、南千島、サハリン、朝鮮、中国東北部・北部、シベリア、ヨーロッパ、北アフリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 200〜400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? さそり型花序
花の色 ?
花径 ? 6〜8mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? エゾムラサキ