モッコウバラnew5月の過去記事いいねしよう

ノハラムラサキ

ムラサキ科 ワスレナグサ属

Myosotis arvensis

〔基本情報〕
高さ10~50cmになる一年草または越年草。
全体に白色の軟毛が多くはえます。
茎は枝分かれします。
葉には根出葉と茎葉があり、ともに単葉で、全縁です。
茎につく葉は互生し、長楕円形です。
根出葉と茎の下部につく葉には葉柄があります。
根出葉は開花期には枯れています。
花はさそり型花序につきます。
花冠は径3mmほど、はじめから淡い青色で、5裂します。
萼筒部には先が曲がった鉤状の毛が密にはえます。
花柄は萼より長くなります。
花にも花序にも苞はつきません。
果実は分果で黒色に熟し、光沢があります。

〔来歴〕
1936年に千葉県成東市で採集され、現在は北海道と本州に帰化しています。
名前 ノハラムラサキ (野原紫)
field forget-me-not
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ
生活型 ? 一年草、越年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ハマワスレナグサ
草丈・樹高 ? 100〜500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? さそり型花序
花の色 ?
花径 ? 3mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ノハラムラサキ

「ノハラムラサキ」への投稿写真