おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ノハラワスレナグサ

ムラサキ科 ワスレナグサ属

Myosotis alpestris

〔基本情報〕
高さ20~45cmになる多年草。
全体に毛がはえます。
葉には根出葉と茎葉があり、ともに単葉で、全縁です。
茎につく葉は互生し、長さ8cm、幅0.5~1.5cmほどの卵形~披針形です。
根出葉と茎の下部につく葉には葉柄があります。
花はさそり型花序につきます。
花冠は青色で、5裂します。
果実は分果です。
名前 ノハラワスレナグサ (野原勿忘草、野原忘れな草) 、ワスレナグサ (勿忘草、忘れな草)
alpine forget-me-not
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? ユーラシア、北アメリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 200〜450mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? さそり型花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ノハラワスレナグサ