さくらと紅葉を同時にnewインスタ12月の過去記事

文一総合出版

モンパノキ

ムラサキ科 キダチルリソウ属

Heliotropium foertherianum

〔基本情報〕
海岸でみられる高さ2~10mの常緑低木~小高木。
幹は基部からよく枝分かれし、樹皮は灰褐色で縦に深く裂けます。
葉は枝先に集まって互生する単葉で、長さ9~14cm、幅4~5cmのさじ状倒披針形となり、多肉質です。
葉には銀色の絹毛が密にはえます。
葉の基部は次第に細くなって葉柄に流れます。
枝先に巻散花序を出し、密に花をつけます。
花序には銀色の絹毛が密にはえます。
花は径0.4cmで、花冠は5裂し、白色です。
果実は0.4~0.6cmで球形の核果で、橙黄色から黒色になります。

〔利用〕
葉は民間薬として利用されます。
新芽は食べられます。
沖縄では材が水中メガネの枠に利用されます。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
南西諸島では露地栽培が可能です。
日当たりと水はけのよい砂質土壌を好みます。
自然樹形を楽しむため、剪定はしないほうがよいです。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
絹毛の生える様子をビロード(紋羽)に例えた名です。
名前 モンパノキ (紋羽の木) 、ハマムラサキノキ (浜紫の木)
velvetleaf soldierbush、tree heliotrope、octopus bush
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(琉球、小笠原、南鳥島)、東アフリカ~オセアニアの熱帯・亜熱帯
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000〜10000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 巻散花序
花の色 ?
花径 ? 4mm
実の色 ? 黄、その他
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐潮性、耐塩性、非耐寒性
用途適性 ? 公園・庭園
食用 ?
有用 ? 薬用、食用、その他クラフト
日本花き取引コード ? 74432
検索サイトの検索キー ? モンパノキ