浴衣の文様newインスタ8月の過去記事

マルバチシャノキ

ムラサキ科 チシャノキ属

Ehretia dicksonii

〔基本情報〕
おもに海沿いでみられる高さ4~10mほどの落葉小高木。
樹皮は灰褐色でコルク質が厚く発達し、縦に深く裂け、長方形状にはがれ、カキの樹皮に似ます。
葉は互生する単葉で、長さ6~17cm、幅5~12cmの広楕円形~広倒卵形となり、質が厚く、葉の縁には鋸歯があります。
葉の表面は濃い緑色で光沢があり、粗い毛がはえて著しくざらつきます。
葉の裏面は短毛が密にはえ、葉脈がめだちます。
葉柄は長さ2~4cmです。
枝先に散房状の花序を出し、多数の花が密につきます。
花は白色で、花冠は5裂して裂片が反り返ります。
果実は径1~1.5cmほどの球形の核果で、黄色く熟します。

〔利用〕
若葉にはチシャ(レタス)のような風味があり、食べられます。
果実も甘みがあり、食べられます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
日当たりと水はけがよく適度に湿り気のある肥沃な土壌を好みます。
乾燥に弱いため、夏に晴天が続いて乾燥するようなら水やりをします。
剪定にはやや弱いため、自然樹形を楽しむほうがよいです。
病虫害としてはカイガラムシがあります。
名前 マルバチシャノキ (丸葉萵苣木) 、オオバチシャノキ (大葉萵苣木)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州:千葉県・三重県・和歌山県、四国、九州、琉球)、台湾、中国中南部、ベトナム
生活型 ? 小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 10月、11月、2月、3月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 4000〜10000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 散房花序
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 公園・庭園
虫害 ? カイガラムシ
食用 ? 実、葉
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 52432
検索サイトの検索キー ? マルバチシャノキ
エバーグリーンポストでの記事 [マルバチシャノキ]古今東西 ご神木巡礼 番外編(千葉編)〜天津神明宮のマルバチシャノキ~|ムラサキ科チシャノキ属|エバーグリーン