筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ツルニチニチソウ

キョウチクトウ科 ツルニチニチソウ属

Vinca major

〔基本情報〕
高さ25cmほどになる常緑多年草または亜低木。
寒冷地では半常緑となります。
茎は株元から数多く出て、最初は立ち上がりますが、しだいに地を這って広がります。
花をつける茎は40~50cm、つけない茎は1m以上に伸びます。
葉は対生する単葉で、長さ3~9cm、幅2~6cmの卵形~卵形披針形になり、表面に光沢があります。
ヒメツルニチニチソウに似ますが葉の縁に毛があるのが特徴です。
花は葉腋に単生し、径4~5cmで淡い紫色です。
花冠は筒状で、先は5裂して一方向にねじれます。
果実は円柱形の袋果です。

〔利用〕
全草有毒ですが、薬用となります。

〔栽培〕
増殖は株分け、挿芽によります。
寒冷地では葉が傷むので、霜除けなど防寒をすると長く葉の色を楽しめます。
日向~日陰までよく育ち、水はけと通気性のよい肥沃な土壌を好みます。
日向の方が花つきはよくなりますが、斑入りの品種は夏の強い直射日光で葉焼けをおこしやすくなるので半日陰のほうがよいです。
水やりは過湿にならないよう注意し、鉢植えの場合は土が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は根がしっかりと張ってしまえば、降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありません。
斑入りの品種で緑一色の葉しかつかない枝が出てきたら、原種への先祖返りなので、枝ごと切り取ります。
病虫害は特にありません。
名前 ツルニチニチソウ (蔓日日草)
bigleaf periwinkle、large periwinkle、greater periwinkle、blue periwinkle
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
分布または原産地 ? 地中海沿岸地域西部
生活型 ? 多年草、亜低木
常緑・落葉 ? 常緑、半常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ヒメツルニチニチソウ
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月、9月、10月
形状 ? 匍匐
草丈・樹高 ? 250mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
花のつき方 ? 単生
花の色 ? 青、紫、白
花径 ? 40〜50mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け、挿芽
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐乾性
用途適性 ? グラウンドカバー、花壇、公園・庭園、壁面緑化、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 20073
検索サイトの検索キー ? ツルニチニチソウ