筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

オオカモメヅル

キョウチクトウ科 オオカモメヅル属

Tylophora aristolochioides

〔基本情報〕山地の林でみられるつる性多年草。
茎は細く、他のものに巻きついて長く伸び、わずかに毛がはえています。
葉は対生する三角状広披針形の単葉で、先は長くとがり、基部がやや張り出して心形になります。
葉の縁は全縁です。
葉の質は薄いです。
茎の上部につく葉は小さくなります。
葉柄は長さ1~3㎝です。
葉腋から短い花序を出し、花序の長さは葉の長さの半分以下です。
花は径4~6mmで暗紫褐色~淡紫褐色です。
花冠は5裂し、内側に白色の綿毛がはえます。
副花冠は星形に開き、蕊柱より短いです。
果実は長さ5~7㎝で狭披針形の袋果で、柄の先に2個水平につきます。
袋果は熟すと割れ、長い毛がある種子が出ます。
名前 オオカモメヅル (大鴎蔓)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? コカモメヅル
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花の色 ? 茶、紫
花径 ? 4〜6mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? オオカモメヅル