筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハルリンドウ

リンドウ科 リンドウ属

Gentiana thunbergii var. thunbergii

〔基本情報〕日当たりがよく、やや湿った山野でみられる高さ5~15cmの越年草。
茎は根元から枝分かれします。
葉には根出葉と茎葉があります。
根出葉はロゼット状に出て、長さ1~3cmの卵形です。
茎葉は長さ0.5~1cmの卵状披針形です。
花は茎先に単生し、青紫色です。
花冠は長さ2~3cmの星形で、5裂します。
萼は直立して、反り返りません。
果実は蒴果です。
名前 ハルリンドウ (春竜胆)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)、朝鮮、中国
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? フデリンドウ
草丈・樹高 ? 50〜150mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生、根生
花のつき方 ? 単生
花の色 ? 青、紫
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 21388
検索サイトの検索キー ? ハルリンドウ