筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ヘツカニガキ

アカネ科 ヘツカニガキ属

Sinoadina racemosa

〔基本情報〕
常緑樹林内でみられる高さ4~12mの落葉高木。
葉は対生する単葉で、長さ5~15cm、幅3~10cmの広卵形~長楕円形、表面に光沢があります。
葉の縁は全縁です。
葉柄は長さ2~4cmです。
枝先に径1.5cmの頭状花序が3~10個、総状に集まった花序を出します。
花はクリーム色の筒状で、花冠の先は浅く5裂し、雌しべの花柱が長く花の外に突き出ます。
果実は蒴果で、種子には両端に翼があります。

〔備考〕
名は大隈半島の辺塚にちなみます。
名前 ヘツカニガキ (辺塚苦木) 、ハニガキ (葉苦木)
花咲く季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 日本(四国南部、九州南部、琉球)、中国、台湾、ミャンマー、タイ
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 4000〜12000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ? 黄白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 公園・庭園
検索サイトの検索キー ? ヘツカニガキ

「ヘツカニガキ」への投稿写真