椿文newインスタ8月の過去記事

ハナヤエムグラ

アカネ科 ハナヤエムグラ属

Sherardia arvensis

〔基本情報〕畑などでみられる高さ20~60cmほどの越年草。
根は針金状で細く、乾くと赤褐色になります。
茎は地際から多数出て、地面を這って広がります。
茎には4稜があり、稜には下向きの刺があります。
葉は4~7枚が輪生する単葉で、長さ1~2cm、幅0.5cmの線形です。
表面と裏面脈上、葉の縁に粗い毛があり、ざらつきます。
茎の上部の葉腋に8枚の苞葉に包まれた花序を出し、数個の花をつけます。
花は径2.5~3mmで淡い紅色または淡い紫色で、花冠は4裂します。
果実は長さ1.5~2㎜で長楕円形の蒴果です。

〔来歴〕1961年に千葉県習志野市で初めて採集され、以後各地で帰化が報告されています。
名前 ハナヤエムグラ 、アカバナヤエムグラ 、アカバナムグラ
field madder、blue field madder
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月
分布または原産地 ? ヨーロッパ
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
形状 ? 匍匐
草丈・樹高 ? 200〜600mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 輪生
花の色 ? 紫、桃
花径 ? 2.5〜3mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ハナヤエムグラ