難を転じるnew1月の過去記事インスタ

コンロンカ

アカネ科 コンロンカ属

Mussaenda parviflora var. parviflora

〔基本情報〕林縁でみられる常緑の半つる性低木で高さ1~5mほどになります。
若い枝には伏した短い毛が密にはえます。
葉は対生する単葉で、長さ6~12cm、幅2~4cmの楕円形~披針形で、全縁です。
葉の両面には伏した短い毛がまばらにはえ、特に裏面脈上に多くはえます。
葉柄は長さ1~2cmで、伏した短い毛が密にはえます。
托葉は節ごとに4枚ずつつき、狭い三角形または線形で長さ0.4~1cmです。
開花は気温があれば周年可能ですが、自生地では春、本州では夏がおもとなります。
雌雄異株です。
雄株・雌株とも、花の形は同じです。
枝先や枝先の葉腋に短い散房花序を出し、5~50個の花をつけます。
花冠は黄色く、長さ1.1~1.5cmの漏斗状です。
花序の外側につく花の萼裂片のうちの1枚が白色で大きな花弁状となります。
果実は楕円形の液果です。

〔栽培〕増殖は挿し木によります。
日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。
日当たりが悪いと花つきが悪くなります。
寒さに弱く15℃以下になると落葉するので、鉢植えにし、冬に室内に取り込む方がよいです。
また強い風にあたると花が傷むので、風当たりが弱い場所のほうがよいです。
水やりは春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味にします。
施肥は春~秋に3成分等量の緩効性化成肥料を施します。
病虫害としてはアブラムシ、ハダニ、カイガラムシがあります。
名前 コンロンカ (崑崙花)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(屋久島、種子島~琉球)、台湾、中国(広東省)
生活型 ? 低木、つる性木本
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月
形状 ? 分枝、つる
草丈・樹高 ? 1000〜5000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散房花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園
虫害 ? アブラムシ、ハダニ、カイガラムシ
日本花き取引コード ? 22539
検索サイトの検索キー ? コンロンカ