おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

コクチナシ

アカネ科 クチナシ属

Gardenia jasminoides var. radicans

〔基本情報〕
常緑低木。
よく枝分かれします。
葉は対生し、長さ2.5~5cm、幅0.7~1.5cmの倒披針形で全縁、表面に光沢があります。
花は枝先に単生し、径4~5cmで白色、一重咲きと八重咲のものがあり、強い芳香があります。
一重咲きのものには、果実がつきます。
果実は倒卵形~楕円形で6稜があり、先端に萼裂片が長く残り、橙黄色に熟します。

〔利用〕
果実は黄色染料として布のほか、たくあんや栗きんとんなど食品の着色に用います。
果実は漢方にも利用されます。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
半日陰で適度に湿り気がある肥沃な場所を好みます。
冬の寒風や霜を避ける必要があります。
オオスカシバの幼虫による食害があります。
名前 コクチナシ (小梔子) 、ヒメクチナシ (姫梔子)
花咲く季節 ? 6月、7月
実のなる季節 ? 11月、12月
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
形状 ? 分枝
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花の色 ?
花径 ? 40〜50mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? グラウンドカバー、公園・庭園
虫害 ? オオスカシバ
有用 ? 薬用、その他クラフト
日本花き取引コード ? 25290
検索サイトの検索キー ? コクチナシ

「コクチナシ」への投稿写真