ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ウスノキ

ツツジ科 スノキ属

Vaccinium hirtum

〔基本情報〕山地の日当たりがよい岩地などでみられ、高さ0.5~1mになる落葉低木。
若い枝は緑色で毛が密にはえ、枝の稜が発達してくると、毛は2列に並びます。
若い枝は日当たりがよい場所では赤みを帯びます。
葉は互生する単葉で、長さ2~5cm、幅0.7~2.5cmの狭卵形~楕円形ですが、変異が大きいです。
葉の両面の主脈上に毛があることが多いです。
葉の縁にはかぎ状の細かい鋸歯があります。
花は前年出た枝の先に1~2個が下向きにつきます。
花冠は赤みを帯びた黄緑色、長さ6~7㎜の鐘形で、先が浅く5裂します。
裂片の先は反り返ります。
雄しべは10個あり、花冠から突き出しません。
果実は径7~8mmでやや5角形となる卵状球形の液果で、先が臼状にくぼみます。
果実は光沢のある鮮赤色に熟し、甘酸っぱく、食べられます。
名前 ウスノキ (臼木)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州のおもに日本海側、四国中北部、九州北部)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 500〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 19668
検索サイトの検索キー ? ウスノキ