さくらと紅葉を同時にnewインスタ12月の過去記事

文一総合出版

ヒカゲツツジ

ツツジ科 ツツジ属

Rhododendron keiskei var. keiskei

〔基本情報〕
山地の沢沿いの尾根や岩場などにはえ、やや日当たりの悪い場所でみられることが多い高さ1~2mの常緑低木。
よく枝分かれし、細い枝が横にのびて広がります。
若い枝や葉柄に長毛や鱗状毛がはえ、のちに長毛は落ちます。
葉は枝先に輪生状に集まって互生する単葉で、長さ3~8cm、幅0.8~2cmの長楕円形~披針形で、葉先がとがり、両面に鱗状毛がはえ、特に裏面には密にはえます。
葉柄は長さ0.2~0.4cmです。
枝先に2~4個の花がつきます。
花は黄緑色を帯びた淡い黄色で、径4~5cm、花冠は5裂する漏斗形です。
花冠の上側内面に濃い色の斑点があります。
雄しべは10本あります。
果実は蒴果で鱗状毛がやや密にはえます。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
水はけと風通しのよい肥沃な酸性土壌を好みます。
乾燥する場所は避けるかマルチングなどをして株元の乾燥を防ぎます。
春~秋までは西日や夏の直射日光が当たらない半日陰、秋~春は寒風を避けられる日向に置くのがよく、地植えの場合は落葉樹の陰になるような場所がよいです。
水やりは鉢植えの場合、秋~春は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、真夏は気温が低い朝と夕方の2回葉にもかかるように与えます。
地植えの場合は夏以外は降雨にまかせますが、夏は気温が低い朝もしくは夕方に葉にもかかるように与え、冬は乾燥が続くようであれば暖かい日の午前中に水やりをします。
施肥は寒肥として有機質の肥料を株の周りに施します。
剪定は行わず、春~初夏に芽かきを行うことで樹形を整えます。
花がらはこまめに摘みます。
名前 ヒカゲツツジ (日陰躑躅) 、サワテラシ (沢照) 、ヤクシマヒカゲツツジ (屋久島日陰躑躅)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方以西、四国、九州)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散形花序
花の色 ? 黄、黄白、緑
花径 ? 40〜50mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? 酸性
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園
日本花き取引コード ? 21120
検索サイトの検索キー ? ヒカゲツツジ
エバーグリーンポストでの記事 [ヒカゲツツジ] 色も香りも淡いのが魅力|ツツジ科ツツジ属|エバーグリーン