東照宮の花newエバーグリーンのインスタ

ベニバナイチヤクソウ

ツツジ科 イチヤクソウ属

Pyrola asarifolia subsp. incarnata

〔基本情報〕
冷温帯~亜寒帯の林内でみられ、しばしば群生する高さ15~25cmの多年草。
葉はロゼット状につく単葉で、長さ3~4.5cm、幅2~3.5cmの円形~円状楕円形となり、縁に細かい鋸歯があります。
葉の長さは幅よりも長くなります。
葉柄は長さ3~5cmです。
葉の間から赤色を帯びた花茎が出て、花茎の基部に普通葉はつかず、1~3個の鱗片葉がつきます。
総状花序に8~15個の桃色の花がつき、花冠は広鐘形となり5裂します。
雄しべは10個あり、葯は紅色です。
雌しべは1個あり、雄しべより長く、花柱は湾曲します。
萼片の長さは幅の約2倍となります。
果実は直径0.7cmで扁球形の蒴果です。

〔利用〕
全草を薬用とします。
名前 ベニバナイチヤクソウ (紅花一薬草)
花咲く季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:中地方以北)、朝鮮、中国東北部、シベリア、カムチャツカ半島、サハリン、千島列島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 150〜250mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
花径 ? 13mm
葉の色 ?
有用 ? 薬用
検索サイトの検索キー ? ベニバナイチヤクソウ