筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ガンコウラン

ツツジ科 ガンコウラン属

Empetrum nigrum var. japonicum

〔基本情報〕亜高山帯に分布し、ハイマツ帯の林縁や風の強い稜線、山頂付近の荒原、高層湿原などでみられる常緑小低木。
ミネズオウ、イワウメなどとともに群落をつくります。
雪田周辺ではアオノツガザクラと混生します。
茎が長く伸び、よく枝分かれして、カーペット状に広がります。
葉は互生する単葉で、長さ3~7㎜、幅1㎜の線形で厚みがあります。
雌雄異株です。
雄花・雌花とも葉腋に単生し、暗い紫色です。
花は花弁・萼片とも3枚ずつあり、4枚の苞に包まれ、径5mmほどと小さく、めだちません。
果実は径6~10mmの球形で、黒紫色に熟して甘みがあります。
名前 ガンコウラン (岩高蘭)
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 9月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:中部以北)、朝鮮、中国東北部、東シベリア、千島列島、樺太、カムチャツカ
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 匍匐
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 3
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 21079
検索サイトの検索キー ? ガンコウラン