大鳥神社とヤツガシラnewインスタ9月の過去記事

リョウブ

リョウブ科 リョウブ属

Clethra barbinervis

〔基本情報〕山地の日が当たる斜面や尾根筋、乾いた林内などにはえる高さ3~6mの落葉小高木。
樹形は傘状です。
樹皮は赤褐色で薄くはがれ、斑模様の木肌となります。
葉は互生する単葉で、枝先に集まる傾向があり、枝先では輪生状にみえます。
葉は長さ6~15cm、幅2~7cmの倒卵形で鋭い鋸歯があります。
枝先に長さ10~20cmの総状花序を数本出し、白色の5弁花を密につけます。
花弁は6~7㎜で、雄しべは花弁より長いです。
果実は径3~4mmで球形の蒴果で、密に毛がはえます。
種子は長さ1㎜で扁平な楕円形です。

〔利用〕新芽をゆでてアク抜きし、ご飯に炊き込んでは「令法飯」をつくります。
昔は、若葉を乾燥させ、飢饉の際の救荒食物として貯蔵されたといわれています。
材は床柱に利用されます。
蜜源植物にもなります。

〔栽培〕増殖は実生、挿木によります。
日当たりと水はけ、水もちのよい腐植質に富んだ土を好みます。
日陰にも耐えますが日当たりが悪いと花つきが悪くなります。
強い西日は嫌います。
栽培は容易です。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えの場合はよほど晴天が続かないかぎりは降雨に任せます。
施肥は冬期に寒肥として有機質の肥料を少量施します。
病虫害としてはうどんこ病があります。

〔備考〕名は、救荒植物として飢饉にそなえて保存するよう法で定められたことによるという説があります。
名前 リョウブ (令法) 、ミヤマリョウブ (深山令法) 、チャボリョウブ (矮鶏令法) 、ハタツモリ (畑守) 、サルスベリ (猿滑)
Japanese clethra
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道南部、本州、至極、九州)、済州島
生活型 ? 小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 12月、1月、2月、3月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 3000〜6000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 100〜200mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐陰性
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園
病害 ? うどんこ病
食用 ?
有用 ? 食用、その他クラフト
日本花き取引コード ? 19307
検索サイトの検索キー ? リョウブ