筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ヒコサンヒメシャラ

ツバキ科 ナツツバキ属

Stewartia serrata

〔基本情報〕
山地の落葉樹林内でみられる高さ15mにもなる落葉高木。
樹皮が細かく薄く剥がれます。
若い枝にははじめ白い毛があります。
葉は互生する単葉で、長さ3~8cm、幅1.5~3cmの楕円形~卵状楕円形で、縁に浅い鋸歯があります。
葉の裏面は葉脈に沿って毛があるかほぼ無毛です。
花は葉腋に単生して上向きに咲きます。
花は径3.5~4.5cmの白色の5弁花で、ツバキに似た形をしています。
花弁は縁に鋸歯があり、外側には絹毛が密にはえます。
果実は5稜のある楕円形の蒴果です。
種子の周囲には広い翼があります。
ヒメシャラに似ますが、花や種子が大きいこと、苞と萼片がほぼ同じ長さであることなどで区別できます。

〔栽培〕
増殖は実生と挿木によります。
日当たりがよく肥沃な場所を好みます。
栽培は容易ですが、チャドクガに注意が必要です。

〔備考〕
九州の英彦山で発見されたのでこの名がつきました。
名前 ヒコサンヒメシャラ (英彦山姫沙羅) 、イチブサヒメシャラ 、イチフサヒメシャラ
花咲く季節 ? 7月
実のなる季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州:神奈川県丹沢地方以西、四国、九州)、済州島
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、4月、10月、11月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 15000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 35〜45mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 公園・庭園
日本花き取引コード ? 54779
検索サイトの検索キー ? ヒコサンヒメシャラ

「ヒコサンヒメシャラ」への投稿写真