変わった朝顔も見られますnewいいね!しよう7月の過去記事

ヒメシャラ

ツバキ科 ナツツバキ属

Stewartia monadelpha

〔基本情報〕太平洋側の山地の落葉樹林内、特にブナ林でよくみられる高さ15mにもなる落葉高木。
幹は赤褐色で薄片状にはがれ落ちます。
枝は上方に伸びます。
葉は単葉で互生し、長さ4~8cm、幅2~3cmの楕円形で、縁に浅い鋸歯があり、裏面は無毛か脈腋だけに毛がはえます。
花は葉腋に単生し、径1.5~2cmの白色の5弁花で、ツバキに似た形をしています。
果実は5稜のある楕円形で、白い毛がはえます。
種子の周囲には翼があります。
ナツツバキに似ますが、葉や花が小さいこと、葉にふつう毛がないことなどで区別できます。

〔栽培〕増殖は実生と挿し木によります。
日当たりがよく肥沃な場所を好みます。
栽培は容易ですが、チャドクガに注意が必要です。
名前 ヒメシャラ (姫沙羅) 、コナツツバキ (小夏椿) 、サルタノキ
monadelphous stewartia
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州:神奈川県箱根山以西、四国、九州:屋久島まで)、済州島
ハーディネスゾーン ? 7a;9b
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ナツツバキ
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、4月、10月、11月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 15000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 15〜20mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園、コンテナ
病害 ? さび病、輪紋葉枯病、白紋羽病、幹心腐病
虫害 ? チャドクガ
日本花き取引コード ? 22841
検索サイトの検索キー ? ヒメシャラ