3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

オニコナスビ

サクラソウ科 オカトラノオ属

Lysimachia tashiroi

山地や丘陵地の渓谷沿いの林縁でみられる多年草。
茎は太く、地を這い、褐色の軟毛が密にはえます。
葉は対生する単葉で、長さ2~4cm、幅1.5~3cmの広卵形で質がやや厚く、先はまるいかややへこみます。
葉に黒い腺点はありません。
葉柄は7~25mmです。
花は茎の上部の葉腋に単生し、径1.5cmで黄色く、中心部が橙色を帯びます。
花冠は5裂し、裂片は長楕円形で先がまるいです。
果実は蒴果(さくか)です。
名前 オニコナスビ (鬼小茄子)
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(九州中北部)
指定植物 ? EN:絶滅危惧IB類、日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
形状 ? 匍匐
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花の色 ?
花径 ? 15mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? オニコナスビ