レンゲイワヤナギnew12月の過去記事いいねしよう

アフリカホウセンカ

ツリフネソウ科 ツリフネソウ属

Impatiens walleriana

〔基本情報〕高さ30~60cmになる多年草。
園芸的には一年草として扱われることが多いです。
茎や葉は軟らかく多汁質で、よく分枝します。
葉は互生する単葉で、長さ2.5~13cmの卵形~楕円形、縁にまるい鋸歯があり、鋸歯と鋸歯の間には芒状の突起があります。
長い葉柄があります。
茎の上部の葉腋から総状花序を出し、1~3個の花をつけます。
花は径2.5~5cmで平らに開きます。
長さ3~5cmの距をもちます。
多くの園芸品種が作出され、花色は赤、オレンジ、桃、白あるいは複色など多彩です。
八重咲のものや葉に白や黄色の斑がはいるものもあります。
熟した果実にふれると果実が裂けて種子が飛び散ります。
種子の表面に無数の毛状突起があります。

〔栽培〕増殖は挿し芽によります。
日陰でも育ちますが、日当たりと水はけ水保ちがよい場所を好みます。
乾燥を嫌います。
耐寒性がないので一年草扱いとされますが、冬期に日の当たる暖かい室内で管理すれば冬越しできます。
土の表面が乾いたら水を与えます。夏の水やりは日中を避け、朝か夕方に行ないます。
肥料を好むので元肥のほか、開花期には追肥を施します。
咲き終わった花が残っていると病気の原因にもなるので、こまめに摘みます。
病害虫としては灰色かび病、ハダニ、アザミウマ、アブラムシなどがあります。
名前 アフリカホウセンカ 、インパチェンス 、インパチエンス
busy Lizzie、balsam、sultana、impatiens
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 熱帯アフリカ(ケニア~モザンビーク)
生活型 ? 一年草、多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月
草丈・樹高 ? 300〜600mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 赤、橙、桃、白、複色
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 挿芽
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
病害 ? 灰色かび病
虫害 ? ハダニ、アザミウマ、アブラムシ
日本花き取引コード ? 20295
検索サイトの検索キー ? アフリカホウセンカ