葛の花でお茶newインスタ12月の過去記事

マルバウツギ

アジサイ科 ウツギ属

Deutzia scabra var. scabra

〔基本情報〕
山野の斜面や川岸など日当たりのよい場所でみられる高さ1.5mほどの落葉低木。
幹や枝は中空です。
よく枝分かれします。
若い枝は紫褐色を帯び、星状毛が密にはえます。
葉は対生する単葉で、長さ3.5~7cm、幅2~4cmの卵形~楕円形です。
葉の両面には星状毛がまばらにはえてざらつき、縁には細かい鋸歯があります。
葉柄は3~6mmで星状毛が密にはえます。
枝先に円錐花序を出します。
花序には星状毛がはえ、花序の下につく葉には葉柄がなく、茎を抱きます。
花は径1cmほどの白色の5弁花で、鐘形です。
萼には星状毛が密にはえます。
果実は径3㎜で椀形の蒴果で木質、先端に花柱が残ります。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
日当たりと水はけがよく、通気性のよい肥沃な土壌を好みます。
半日陰や乾燥にも耐えます。
丈夫で放任してもよく育ちます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機肥料を株の周囲に深めの穴を掘って埋めます。
花後にお礼肥として緩効性肥料を施す場合も同様に穴を掘ります。
剪定は花後すぐ、6月に行います。
夏になると翌年の花芽がつくので避けるようにします。
病虫害としてはうどんこ病が出ることがあります。
名前 マルバウツギ (丸葉空木)
花咲く季節 ? 5月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方以西の太平洋側、四国、九州)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ウツギ
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 円錐花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 10mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐乾性
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園
病害 ? うどんこ病
検索サイトの検索キー ? マルバウツギ