高原に白い線香花火のような花が映えますnewいいね!しよう8月の過去記事

ミズキ

ミズキ科 サンシュユ属(ミズキ属)

Cornus controversa var. controversa

〔基本情報〕高さ10~15mになる落葉高木。
若い枝は赤紫色で、はじめ毛がはえますが、のちに無毛となります。
枝は水平に広がり、階段状の独特な樹形となります。
葉は互生する単葉で、長さ6~15cm、幅3~8cmの楕円形~卵形、5~9対の側脈があります。
葉の表面には光沢があります。
葉の縁は全縁です。
葉柄は長さ2~5cmです。
枝先に径6~12cmの散房花序を出し、白色の小さな4弁花を多数つけます。
果実は径6~7mmで球形の核果で、紫黒色に熟します。
果実の核には浅い縦溝があり、先端に深いくぼみがあります。
クマノミズキに似ますが葉が互生すること、花期が早いこと、果実の核の表面に浅い溝があること、核の先端に窪みがあることなどで区別できます。

〔利用〕材を下駄や器具材にし、東北ではこけしの材料にされます。

〔栽培〕増殖は実生によります。
日当たりと水はけ、水もちのよい肥沃な土壌を好みますが、土質はさほど選びません。
半日陰地でも耐えますが、日当たりが悪いと花つきが悪くなることがあります。
地植えの場合は、大木になるので広いスペースが必要です。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機肥料を株元に施します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕春先に枝を切ると樹液が水のように滴り落ちることから名がつきました。
名前 ミズキ (水木) 、ハシノキ 、タカネミズキ
wedding cake tree
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 南千島(国後島)、日本(北海道~九州)、朝鮮、中国、台湾
ハーディネスゾーン ? 5a;9b
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? クマノミズキ
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、11月、12月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 10000〜15000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散房花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
実の色 ? 紫、その他
葉の色 ? 黄、緑
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 公園・庭園
有用 ? その他クラフト
日本花き取引コード ? 20938
検索サイトの検索キー ? ミズキ