筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

センニチコウ

ヒユ科 センニチコウ属

Gomphrena globosa

〔基本情報〕
高さ50cmほどの一年草。
全体に粗い毛がはえます。
葉は対生する単葉で、長さ5~10cm、幅4cmほどの楕円形で、短い葉柄があります。
茎先に径2~3cmの頭状花序を1~2個つけます。
花はごく小さく、着色した乾質の苞がめだちます。
苞の色は紫紅色、ピンク、白色などで長く色あせません。
果実は胞果です。

〔利用〕
ドライフラワーとして利用され、海外でもレイや花輪に用いられます。
薬用にもされます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
発芽適温は20℃~25℃です。
種子の表面には綿毛がついているので、これをよくこすり取ってから播きます。
日当たりと水はけ、風通しがよければ土質はあまり選びません。
日当たりが悪いと花つきがわるくなります。
やや乾燥した場所を好み、多湿を嫌うので、長雨の時期は鉢植えは雨の当たらない場所に移動します。
水やりは過湿に注意し、鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は元肥をしっかりと鋤きこめば特に必要ありません。
病虫害としては立枯病、ハダニがあります。
特に幼苗のうちは立枯病が発生しやすいです。
名前 センニチコウ (千日紅) 、センニチソウ (千日草)
globe amaranth、bachelor's button、makhmali、vadamalli
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月
分布または原産地 ? 熱帯アメリカ
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月、8月
草丈・樹高 ? 500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ? 紫、桃、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐乾性
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園
病害 ? 立枯病
虫害 ? ハダニ
有用 ? 薬用、ドライフラワー
日本花き取引コード ? 20043
検索サイトの検索キー ? センニチコウ