レンゲイワヤナギnew12月の過去記事いいねしよう

ホナガイヌビユ

ヒユ科 ヒユ属

Amaranthus viridis

〔基本情報〕畑や道端などでみられる高さ40~90cmの一年草。
茎は枝分かれし、稜があります。
葉は互生する単葉で、長さ3~8cmの菱状卵形~卵形、全縁です。
葉先はくぼみ、短い芒があります。
長い葉柄をもちます。
花序は茎先に出て長い穂となります。
花には雄花と雌花があり、緑色です。
果実は胞果です。

〔来歴〕大正時代末期に渡来し、広く帰化しています。
名前 ホナガイヌビユ (穂長犬莧) 、アオビユ (青莧)
slender amaranth、green amaranth
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 熱帯アメリカ
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 400〜900mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ホナガイヌビユ