いいねしようインスタ9月の過去記事

ミヤマハコベ

ナデシコ科 ハコベ属

Stellaria sessiliflora

〔基本情報〕
山地の水辺で半日陰になる場所でみられる高さ10~35cmの多年草。
茎は下部が地を這い、片側または両側に短く軟らかい毛がはえます。
葉は対生する単葉で、長さ1~4cm、幅0.7~2.5cmの卵形~心形です。
長さ1.5cmの葉柄をもち、葉柄や葉の基部には長くやわらかい毛がはえます。
花は葉腋に単生し、径1~1.5cmで白色の5弁花ですが、花弁が2つに深く裂けるため、10弁にみえます。
雄しべは10本です。
萼の外側には長くやわらかい毛がはえます。
秋には閉鎖花をつけることがあります。
果実は卵形~球形の蒴果です。
種子は径1~1.5mmの腎円形で黒色、表面に先がまるい円錐状の突起があります。
名前 ミヤマハコベ (深山繁縷)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道西南部、本州、四国、九州)、済州島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜350mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 10〜15mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ミヤマハコベ

「ミヤマハコベ」への投稿写真