筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

サクラマンテマ

ナデシコ科 マンテマ属

Silene pendula

〔基本情報〕
高さ20~50cmの一年草。
茎や葉にやや粗い毛がはえ、茎の上部には腺毛がはえます。
茎は地際からよく枝分かれして半球状の草姿になります。
葉は対生する単葉で、長楕円形~卵状披針形です。
茎先に集散花序を出し、多数の花をつけます。
花は径1.5~2cmほどの5弁花で淡い紅紫色または白色で、下部は萼に包まれます。
花弁は平らに開いて、先が2裂します。
雄しべは10個です。
花後、萼が袋状に大きくなります。
果実は蒴果です。

〔来歴〕
日本には明治中頃(1890年)に渡来しました。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
こぼれダネでもよく増えます。
秋播きする場合は冬は霜よけをして防寒します。
日当たりと水はけのよい、腐植質に富んだ肥沃な土壌を好みます。
栽培は容易です。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は特に必要ありません。
病虫害は特にありません。
名前 サクラマンテマ 、オオマンテマ 、フクロナデシコ (袋撫子) 、ビジョナデシコ (美女撫子)
nodding catchfly、drooping catchfly
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 地中海沿岸地域
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
草丈・樹高 ? 200〜500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 紫、桃、白
花径 ? 15〜20mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
検索サイトの検索キー ? サクラマンテマ