ケンポナシnewいいねしよう1月の過去記事

フシグロセンノウ

ナデシコ科 マンテマ属

Silene miqueliana

〔基本情報〕山地の林内でみられる高さ50~80cmの多年草。
茎は直立して上部で枝分かれし、まばらに軟毛がはえます。
茎の節はやや膨らみ、黒褐色です。
葉は対生する単葉で、長さ5~14cm、幅2.5~5cmの卵形~披針形、全縁です。
花は茎先に数個つくか、葉腋の2出集散花序にまばらにつきます。
花は朱色の5弁花で、花弁は平らに開きます。
雄しべは10個です。
萼は円筒状で長さ2.5~3cmです。
果実は蒴果で、上部が5裂して種子を出します。

〔栽培〕増殖は実生、株分け、挿芽によります。
日向~半日陰で水はけがよく肥沃なやや湿った土壌を好みます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いてひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は元肥のほか、春と秋にに緩効性化成肥料を置き肥します。
5~6月に摘芯をすると、脇芽が出て花数が増えます。
病虫害は特にありません。

〔備考〕節が黒っぽいので「節黒」、京都・仙翁寺で見つかったので「仙翁」の名前がつきました。
名前 フシグロセンノウ (節黒仙翁) 、ウスイロフシグロセンノウ (薄色節黒仙翁) 、ゼニバナ (銭花) 、オウサカバナ (逢坂花) 、オウサカソウ (逢坂草) 、フシグロ (節黒)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、9月、10月
草丈・樹高 ? 500〜800mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 岐散花序(二出集散花序)
花弁の数 ? 5
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 盆栽、鉢植、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ
日本花き取引コード ? 16132
検索サイトの検索キー ? フシグロセンノウ
エバーグリーンポストでの記事 [フシグロセンノウ]林の中で5枚の花びらが迎えてくれます|ナデシコ科マンテマ属|エバーグリーン