おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

マンテマ

ナデシコ科 マンテマ属

Silene gallica

〔基本情報〕
河川敷や道端などでみられる高さ50cmほどの一年草。
全体に長い毛や腺毛がはえます。
茎はよく枝分かれし、下部がやや地を這います。
葉は対生する単葉で、長さ2~4cm、幅0.5~1cmの楕円形で、茎の下部のものでは先端の幅が広いへら形となります。
葉の縁は全縁で、やや波打ちます。
葉柄はありません。
花は茎先に一方向に偏ってつき、径1cmほどの5弁花で、花弁は紅色に白い縁取りがあります。
果実は蒴果です。

〔来歴〕
江戸時代に観賞用に導入され、本州中部以南に帰化しています。
名前 マンテマ
common catchfly、small-flowered catchfly、windmill pink
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? ヨーロッパ
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花弁の数 ? 5
花の色 ? 複色
花径 ? 10mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 15520
検索サイトの検索キー ? マンテマ