筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

コモチナデシコ

ナデシコ科 コモチナデシコ属

Petrorhagia prolifera

〔基本情報〕
道端や荒れ地、河川敷などでみられる高さ10~50cmの二年草。
茎は地際からよく枝分かれします。
若い茎では上部に毛がはえます。
葉は対生する単葉で、長さ2~3cmの線形で、基部では両側のものが合着します。
茎の先に径2cmほどの球状の花序をつけます。
花序は重なり合った膜質の総苞片に包まれ、その間から花が顔を出します。
花は淡紅色の5弁花です。
果実は蒴果で、熟すと上端が4つに割れます。

〔来歴〕
1952年に滋賀県で発見された帰化植物です。
名前 コモチナデシコ (子持撫子)
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? ヨーロッパ
生活型 ? 二年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜500mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 対生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
葉の色 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
検索サイトの検索キー ? コモチナデシコ

「コモチナデシコ」への投稿写真