おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ミミナグサ

ナデシコ科 ミミナグサ属

Cerastium fontanum subsp. vulgare var. angustifolium

〔基本情報〕
道ばたや畑などでみられ、高さ15~30cmになる越年草。
茎は暗い紫色を帯び、短い毛がはえ、上部では腺毛もまざります。
葉は対生する単葉で、長さ1~4cm、幅0.4~1.2cmの卵形~長楕円状披針形です。
葉の両面には毛がはえます。
葉柄はありません。
茎先に2出集散花序を出し、まばらに花をつけます。
花は白色の5弁花で、花弁は長さ3~5mmで浅く2裂します。
雄しべは10個です。
花柄は長さ0.5~1.5cmです。
果実は蒴果で先が10裂します。
種子は径0.6mmで、円柱状の突起があります。
オランダミミナグサに似ますが、花がまばらにつき、下部の花柄が萼より長いという点で区別できます。

〔備考〕
名は葉の形がネズミの耳に似るからとされます。
名前 ミミナグサ (耳菜草)
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、中国、台湾、ヒマラヤ、サハリン
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? オランダミミナグサ
草丈・樹高 ? 150〜300mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
花のつき方 ? 岐散花序(二出集散花序)
花弁の数 ? 5
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ミミナグサ

「ミミナグサ」への投稿写真