筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ノミノツヅリ

ナデシコ科 ノミノツヅリ属

Arenaria serpyllifolia var. serpyllifolia

〔基本情報〕道端や荒れ地、畑などでみられる越年草。
茎は高さ5~25cmで、根元からよく枝分かれして、横に張ります。
茎には短い毛が下向きにはえています。
葉は対生する単葉で、長さ3~7mm、幅1~5mmの広卵形~長卵形で両面に毛がはえます。
葉の縁は全縁です。
花は葉腋に単生し、全体としては集散花序状にみえます。
花は径5mmほどで白色の5弁花、花弁は倒卵形です。
萼片は長さ3~4mmと花弁より長く、長卵形で、先はとがります。
雄しべは10本、花柱は3個あります。
果実は蒴果で、長さ3mmの卵形、熟すと6裂します。
種子は長さ0.3~0.5mmで腎形です。
名前 ノミノツヅリ
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本(本州~琉球)、全世界
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 50〜250mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 5mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ノミノツヅリ