ケンポナシnewいいねしよう1月の過去記事

モウセンゴケ

モウセンゴケ科 モウセンゴケ属

Drosera rotundifolia

〔基本情報〕日当たりのよい酸性で貧栄養の湿地にはえる高さ6~20cmの多年草。
食虫植物です。
葉はロゼット状に根出して、長さ0.5~1cmの倒卵状扁円形で、基部はしだいに細くなって柄になります。
葉の表面は長い腺毛に覆われます。
腺毛は消化酵素を含む粘液が出してよく粘り、昆虫などを捕えて、養分を吸収します。
養分を吸収するまでは獲物を葉で巻き込みます。
花茎の先に総状花序を出し、若い花序は先端がワラビのように巻きます。
花は白色の5弁花で、花序の一方に偏って数個つきます。
果実は長さ0.4~0.5cmで長楕円形の蒴果です。

〔栽培〕増殖は実生、株分けによります。
日当たりと風通しのよい場所を好みます。
水苔単体に植えつけるのが簡単でよいですが、鹿沼土:赤玉土小粒:ピートモスを等分に配合したものも使用できます。
湿地の植物のため、腰水潅水とします。
肥料は特に必要なく、虫を与えなくても大丈夫です。
種子を採らないのであれば、花序の途中まで開花したら根元から花茎を切ると株が疲れません。
名前 モウセンゴケ (毛氈苔)
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州、四国、九州)、北半球温帯~亜寒帯
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月
草丈・樹高 ? 60〜200mm
葉の形 ? 特殊
葉の特記事項 ? 葉の表面は長い腺毛に覆われます。
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 湿潤
土の必要性 ? 必要、水苔
土壌酸度 ? 酸性
耐候性 ? 耐寒性、耐湿性
用途適性 ? 鉢植
日本花き取引コード ? 21060
検索サイトの検索キー ? モウセンゴケ