アサイーにも記念日newいいね!しよう10月の過去記事

ミゾソバ

タデ科 イヌタデ属

Persicaria thunbergii var. thunbergii

〔基本情報〕川辺や溝などの水湿地でみられ、しばしば群生する高さ30~100cmの一年草。
茎は下部が地を這い、節から根を出して広がり、上部は直立します。
茎には下向きの刺がはえます。
葉は互生する単葉で、長さ3~12cm、幅2~10cmの矛形で、両面に星状毛と刺毛がはえます。
葉の縁にも毛が密にはえます。
托葉鞘は短い筒状で、ときに縁が葉状となります。
茎先にコンペイトウのような形の総状を出します。
花冠はなく、下部が白色、上部が紅紫色となる長さ4~7㎜の萼がめだちます。
地を這う茎の先には閉鎖花がつきます。
果実は長さ3~4mmで三角錐状の痩果です。

〔備考〕名は溝にはえるソバに似た植物という意味です。
別名のウシノヒタイは正面から見た葉の形が牛の額に似ることによります。
名前 ミゾソバ (溝蕎麦) 、オオミゾソバ (大溝蕎麦) 、ヒカゲミゾソバ (日陰溝蕎麦) 、ウシノヒタイ (牛額)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、アジア北東部
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花の色 ? 桃、白
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 61213
検索サイトの検索キー ? ミゾソバ