ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

文一総合出版

ウナギツカミ

タデ科 イヌタデ属

Persicaria sagittata

〔基本情報〕河原や溝、湿地でみられる高さ30~100cmほどの一年草。
茎はよく枝分かれして、下部は地面を這いますが、上部で立ちあがって他のものに絡みます。
茎には4稜があり、稜の上に下向きの刺がはえます。
葉は互生する単葉で、長さ5~10cm、幅2~3cmのやじり形で、裏面の主脈上に下向きの刺がはえます。
托葉鞘は筒状で、先が斜めに切れます。
茎先にコンペイトウのような形の総状花序を出します。
花冠はなく、下部が白色、上部が淡い紅色となる萼がめだちます。
果実は長さ2.5mmで三角錐状の痩果です。

〔備考〕刺があるこの草を使えばウナギをつかめそうだということから名がつきました。
ウナギツカミとアキノウナギツカミを別種とする見解もあります。
名前 ウナギツカミ (鰻掴) 、アキノウナギツカミ (秋鰻掴) 、アキノウナギヅル (秋鰻蔓) 、ウスゲアキノウナギツカミ (薄毛秋鰻掴) 、ケアキノウナギツカミ (毛秋鰻掴)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、台湾、中国、シベリア、樺太、千島、アムール、ウスリー
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ? 桃、白
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ウナギツカミ
エバーグリーンポストでの記事 [コエビソウ]ゆかいなコエビソウ|キツネノマゴ科キツネノマゴ属|エバーグリーン